ナウパカの花。

 
スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←いよいよ出発!と思いきや・・・ →最後の最後に・・・サプライズ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

 
08旅日記~オアフ

と、思いきや・・・【続編】

 
 ←いよいよ出発!と思いきや・・・ →最後の最後に・・・サプライズ☆
アンティと別れ、またフロント前の入り口でリムジンバスを待ちます。
ホテルのスタッフの皆さんは、私たちの姿を確認する度に
「まだ来ないの?」

と声をかけてくれます。
せっかくだから、フロントのスタッフの方々と写真を撮ろうということになりました。

CIMG1471.jpg

「写真、送りましょうか」と私。
「良いんですか?」と日本人のスタッフ。
「良いですよ。」と私。
「メールだと簡単でしょ」日本語べらべらの外国人風スタッフ。
「メールアドレス教えてくれる?」私。
「いいよ。ちょっと待って。メモ出来る?」と外国人風スタッフ。
このあたりから、かなりフレンドリーな会話になり・・・。

「名刺ある?」私。
「持ってくるの面倒だから」と外国人風スタッフ。
なんと大雑把な人だろう。でも、笑えた。

書きとめようとしていた私に、横からメールアドレスを教えてくれたのだが、なかなかメールアドレスを口頭で伝えるのが難しいということが分かるや否や、
「やっぱり名刺持ってくる」と外国人風スタッフ。
名刺を持ってきてくれた。

その人の名は、デイ。
豪快な人だ。お客として扱われていない気分が嬉しかった。
「デイ、あなたを私の友達と思っていい?」
「いいわよ。友達ね」
すっかり意気投合したわけである。
それからというもの、デイは巧みな日本語でおもしろいことをつぶやく。

「日本の新潟にスキーしに行くんだよ。」
「山形かぁ。いいな、漬物美味しくて。」
いちいち笑わせてもらえた。山形へおいでと誘っておいた。

そんな時、もう一人の日本人のスタッフが奥から名刺を持って来てくれた。
しのはらりょうこさん。
芸能人と同じ名前だった。
デイとは正反対。シャイでおしとやかで控えめ。でも、名刺にはマネージャーとあった。仕事の出来る女性なんだなー。感心していると、
「少しばかりだけど。荷物になってごめんなさい」
と、マカデミアナッツチョコの箱をくれた。

なんだか、とても申し訳ないような嬉しいような。

すると、デイ。
D:荷物、どこ?
H:外のおじさんが・・・。
D:重たいから、荷物に入れちゃって!

チョコの箱を荷物にしまいに行った。
D:アンティのシェルレイ見た?
H:さっき、アンティとお話させてもらったよ。
D:何か買った?安いよ、アンティの商品は。

デイもりょうこさんも白のシェルレイをつけていた。
D:これもアンティから買ったのよ。行こう。

腕をとられて、再びアンティの店の前に連行された(笑)。

A:あら、まだ居たの?
アンティも、実にアンティらしい言葉をかけてくれた。

D:ほら、見て。綺麗でしょ。
デイの方が、何か物色しているようだった。

シェルレイに興味があったので、シェルレイを手にしてみるとずしりと重くて冷たい。
D:何色が欲しい?
H:グリーンかな。
D:私のは、白。

確かに白も捨てがたかった。でも、ちょっとくすんだグリーンを選んだ。
H:どうしよう。トラベラーズチェックしかないなー。
D:両替してこればいいんでしょ。
言うまもなく、フロントへ戻って行った。

D:はい。お金。
H:ありがとう。
デイもなかなか仕事の出来る人なのかもしれない。両替の手数料も払わないまま、現金に変えてもらって、買い物することが出来た。

D:ほんと、アンティの商品はお買い得だよ。
デイも嬉しそうに言ってくれた。

CIMG1577.jpg

CIMG1573.jpg
CIMG1575.jpg
アンティから買ったグリーンのシェルレイ。


もし、リムジンバスが時間通りに来ていたら、こんな時間は無かった。偶然のハプニングが引き合わせてくれた素敵な出会いに感謝するばかりだ。最後の最後に、また素敵な出会い。なんだか本当に心が躍ったし、別れが惜しかった。

ついに、リムジンが来た。
ドアマンのおじさんが呼んでくれた。デイも、一安心の顔だった。
「またね。メールで写真送るから」

なんだか、昔から知り合いの友達との分かれのようだった。

CIMG1471.jpg
ブルーのドレスの人が、りょうこさん
黒のドレスの人が、デイ



程なくリムジンに荷物が詰まれ、いよいよ私たちが乗り込む時、ドアマンのおじさんが近寄ってきた。
先ほど、デイとりょうこさんとの写真を撮影してくれたおじさんだった。

「来年またおいで」
ただ、この言葉を私たちに伝えたかったようだった。でも、言葉を交わすチャンスが巡ってこなくてちょっとさびしそうに私たちの目の前を数回通り過ぎていた。

「ありがとう。また、来たいです」
「池の鯉、見たか?」
「昨日の晩、見ました」
「そうか」
「日本風ですよね」
「そりゃそうさ、君達の国のホテルだよ」

そんな会話をしたと思う。
おじさんの笑顔にまた見送られながら、無事リムジンは空港へ向かった。














スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   08旅日記~オアフ
*Edit ▽TB[0]▽CO[4]   

~ Comment ~

 

うりさんへ

はい。本当に出会いがテーマの旅のようでした。また、再会の旅に行きたいです。

うりさんご夫婦がWホノルルに泊まる頃、私も隣のカイマナホテルに泊まろうかな♪だと、朝食ご一緒できるかも・・・。

 

フレデリカさんへ

そうなんです。とっても良い出会いに恵まれました。是非是非、少人数の日本人旅行者がいたら声をかけてください(笑)。きっと待っているかもしれません。

そうなんですよ。エッグベネディクトとアンティやデイたちに会いに行きたいです。

 

りょうこさんとデイさん
大きな写真を見て文章を呼んでいた時は逆かと勝手にイメージしていました
シェルレイも素敵ですね
わたしたちもやっぱ次回はカイマナビーチHもしくはWにしたいなーって思ってしまいます

良い出会いがあった旅でしたねーー

良かったですね 

最後の最後にまた素敵な出会いがあったのですね。いいお話聞かせてもらいました。

私は日本からの旅行者の人を見かけた時に話したいと思う事はあってもなかなか自分から話しかけたり出来ないんですよね~。恥ずかしかったりするんですよ。その点、旦那や、子供達はそうでもないみたいかな。それが救われます。

朝食も美味しそうですね、来年もまた皆に会いたくなりますよね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【いよいよ出発!と思いきや・・・】へ
  • 【最後の最後に・・・サプライズ☆】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。