ナウパカの花。

 
スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←またまた、ゆるキャラ~ぺロリン登場! →豆しばとコラボ~♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

 
いろいろ

割り梅作り・・・今年の出来は良さそうだ!

 
 ←またまた、ゆるキャラ~ぺロリン登場! →豆しばとコラボ~♪
この前の日曜日の午後
突然電話が鳴りだした。

「これから取りに行きます」

ん??? 「何?」

雨が来る前に、梅の実を収穫していたおばからの電話だった。

突然、梅の実が6キロもやってきた。

あわてながら、割り梅?切り梅?用のしそを調達に出かけた。
このあたりでは、この時期は、昨年のシソを使うか、パックに入った
いわゆる”出来あい”のしそを使います。なぜなら、シソと梅の実の
タイミングが合わないから。

割り梅は、青い梅の実で作るので、シソが育つ夏を待つと
梅の実が黄色く柔らかくなってしまうのです。

だから、あるもので作る!
出来るだけ手間をかけずに作る!!

青い梅の実 →2.5キロ(種つき)
塩→ 5gぐらい(2%の塩と教わった)入れすぎに注意
砂糖(適量)→1キロ用意した
シソの葉(出来あい)2キロ用と表示のもの→3袋


下準備として、梅の実を洗う。
  ↓
梅の灰汁をぬくために、5分ぐらい水に浸す。
  ↓
ざるにとって、水気をおとす。

以上準備完了。

さあ、あとは、梅の実を割るだけ。
ただひたすら、まな板に梅をのせ、その上から板で叩いて
梅に実を割る。砕く。種をとる。

はじめ、大きめの梅のほうが良さ気に思えた。
でも、食べるとき感じる。細かく砕かれた梅の実のほうが
しそと共に食べるとき、とても口当たりが良い。
だから今年は、手で細かく割った。

砕いた梅に塩をふる。
ざっと合わせて、今度は、シソのエキスを混ぜる。
シソの葉は、包丁で細かく切っておいたほうがよい。
しその葉も投入。

手でざっくり合わせる。
砂糖を投入。
とにかく目分量。たまに味を見ながら・・・(笑)
砂糖は後からでも足せますから安心です。

作業完了。
これを冷蔵庫で保管します。
なにせ、出来あいシソの塩分とちょっとの塩しか使っていないので
常温での保存は不可能なのです。

一週間に一度ぐらい、全体をよく混ぜます。
これを数回繰り返すと、見事に梅にシソの赤がしみ込んで
食べごろとなります。

保存は、ジップロックに小分けにして冷凍。
食べたいとき、食べたいだけ出して食べるのです。

ちょっと甘くて酸っぱくて、サクサクした口当たりの梅干しが
出来上がるのであります。






スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   いろいろ
*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

No title 

うりさんへ
お久しぶりです。暑いですね。

「カリカリ梅」のようなものですよ。
あまり塩辛くなくて、食感はサクサクというか、カリカリというか

もう、出来てはいるんですが、昨年のものが残っているので
それを食べきってから・・・と思い、今年のものは、冷凍して
います。

了解です
写真撮ってアップします。

切り梅は、細かく刻んでご飯に混ぜておにぎり!最高です。

梅干し作りは、奥が深くて楽しいですね。
梅を干して、だんだん赤くなっていく様子とか・・・

「手塩にかける」って感じですよね。
うりさんの梅干し、美味しくなーれ♪


No title 

お久しぶりでーーす
これ、、想像がつかないんですけど
どんなものなんですかね?
できたら
画像UPしてもらえるとうれしいなぁー
我が家は、梅干つけました
去年はじめて挑戦して今年は5キロ
赤紫蘇は畑で出来たやつを使ったよ
梅を干したいのだけど
お天気がよくない、、、、
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【またまた、ゆるキャラ~ぺロリン登場!】へ
  • 【豆しばとコラボ~♪】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。